売上の減少した中小事業者に対する一時金(福島県版一時金)について

2021年3月9日

福島県では、福島県新型コロナウイルス緊急対策に伴う、飲食店の時短営業や不要不急の外出自粛により影響を受け、売上の減少した中小事業者へ一時金を交付します。

詳細については、福島県のホームページまたは福島県版一時金(304KB)をご確認ください。

 

概要(抜粋)

 

対象事業者

福島県緊急対策に基づく要請に伴い、

1 飲食店の時短営業により影響を受け、売上が減少した中堅・中小事業者

2 不要不急の外出自粛により影響を受け、売上が減少した中堅・中小事業者

 

主な交付要件

(1)県内に本社又は本店のある中堅・中小事業者

(2)福島県緊急対策に基づく要請に伴い、

 1 飲食店と直接・間接の取引があること (農業者・漁業者、飲食料品・割り箸・おしぼりなど飲食業に提供される財・サービスの供給者を想定)

 2 不要不急の外出自粛により直接的な影響を受けたこと (旅館、土産物屋、観光施設、タクシー事業者、運転代行事業者、理美容室等の人流減少の影響を受けた者を 想定) により、令和3年1月又は2月の売上が前年同月比で50%以上減少したこと。

(3)国が実施する「中小事業者に対する支援(一時金)」を受けていないこと。 

(4)福島県緊急対策の営業時間短縮要請の対象事業者でないこと。

 

交付額

一律20万円 

お問い合わせ

商工観光課
電話:0241-32-2511
ファクシミリ:0241-32-3152