【村県民税・固定資産税】全期前納報奨金制度の廃止のお知らせ

2020年12月16日

個人村県民税・固定資産税の全期前納報奨金制度が令和3年度より廃止となります

 

個人村県民税(普通徴収)および固定資産税において、第1期の納期限までに全期分を一括して納付した場合に交付される「前納報奨金制度(実際には年税額から交付額を差し引いた額を納付)」が、令和3年度から廃止となります。

 

この制度は、戦後の混乱した社会情勢と不安定な経済状況を背景に、税収の早期確保、納税意識の高揚および納期前納付金額の金利の確保を目的として創設されたものです。

その後の社会・経済情勢の変化に伴い、税を取り巻く環境も大きく変わり、制度導入当初の目的は果たされたこと、個人村県民税を給与や年金から天引き(特別徴収)されている方にはこの制度が適用されないことによる不平等感が生じているなどの理由によって、全国の市町村で制度廃止が進んでおり、当村においても令和2年12月村議会定例会において廃止が決定となりました。

 

一括納付について

報奨金制度は廃止となりますが、これまでと同様に納付書または口座振替により全期分を一括で納付することができます。

なお、これまで口座振替で一括納付していた方で、令和3年度より期別毎の納付(1~4期分についてそれぞれの納期日に引き落とし)への変更を希望される方は、ご利用の金融機関でのお手続きが必要となります。

 

 

制度廃止についてご理解いただくとともに、今後も納期内納付へのご協力をお願いいたします。

 

お問い合わせ

税務課
電話:0241-23-3114