令和2年度北塩原村産後ケア事業のご案内

2020年8月18日

 上手におっぱいを吸ってくれない…、赤ちゃんの体重が増えているか心配、お産と育児の疲れですっきりしない、

なんとなく気分が落ち込む…など子育てやご自身の体のことについて不安はありませんか?

 北塩原村では産後のお母さんの疲労回復や、育児に関する様々な不安や悩みの解消のため、

お母さんとその赤ちゃんを対象とした産後ケア事業を実施しています。

 宿泊又は日帰りでゆっくりと助産師さんのケアを受けながら、リフレッシュしましょう!

 詳しくはこちら【産後ケア事業のお知らせ(PDF)】をご覧ください。

内容

  お母さんの健康チェックや乳房管理、お子さんの健康状態の確認や体重測定、

 沐浴指導、授乳指導や育児相談などなど お母さんの心配ごとなんでも相談できます。

  宿泊して利用する「宿泊ケア」と日帰りで利用する「日帰りケア」があります。

対象

 村に住所がある、産後1ヶ月以内のお母さんとその子ども

 ※注)

  ・家族(兄弟も含む)の宿泊は行っていません。

  ・医療の必要な方は利用できません。

自己負担額

 ・宿泊ケア   1泊2日 6,000円(1泊追加ごとに3,000円加算)

 ・日帰りケア  1日 1,500円

 ※双子の場合

 ・宿泊ケア   1泊2日 8,000円(1泊追加ごとに4,000円加算)

 ・日帰りケア  1日 2,000円

利用上限期間

 ・宿泊ケア  合計 14日間以内(利用開始日、最終日をそれぞれ1日と計算します。)

 ・日帰りケア 合計  5日間以内

 ※利用合計が上記以内であれば2回以上の利用も可能です。

持参物

 ・宿泊ケア、日帰りケア両方必要な物

  母子健康手帳、保険証、おむつ、おしりふき、授乳用品、タオル

 ・宿泊ケアのみ必要な物

  洗面用具や母子の着替え

  (食事やリネンは費用に含まれています。)

 ・日帰りケアのみで必要な物

  昼食

利用場所

 県内の助産所

 詳しくは下記の一覧をご覧ください。

   産後ケア事業実施一覧.png

利用方法

 事前に申請書を記載していただき、決められた日程で利用していただきます。

 自己負担額は直接助産所に支払っていただきます。

 産後ケア事業申請書(108KB)

 

その他

 詳しい内容を知りたい方は住民課健康づくり班(保健センター内)ご連絡ください。

 

 

 産後ケア事業以外にも子育てやご自身の体のことで不安な方は、村保健師に相談ください。

 また福島県助産師会の事業により助産師さんへ電話相談、訪問相談も受けることが可能です。

 

関連ワード

お問い合わせ

住民課
健康づくり班(保健センター内)
電話:0241-28-3733
ファクシミリ:0241-28-3735