平成30年度 子宮がん検診及び骨粗しょう症集団検診のお知らせ

2018年6月20日

 

北塩原村では、平成29年度の子宮がん及び骨粗しょう症の集団検診を下記のとおり、実施いたします。

希望される方には、事前に受診録等を配布いたしますので、保健センターにご連絡ください。

なお、子宮がん施設検診(医療機関で受ける検診)、乳がん検診については、7月より開始を予定しています。

 

 

【検診日】

  

平成29年6月27日(火)

 

 

【検診会場及び受付時間】

   

会場 受付時間
自然環境活用センター(裏磐梯) 9時15分~9時30分
活性化センター(大塩) 11時00分~11時15分
構造改善センター(北山) 13時15分~13時30分

   

 

【費用(自己負担金)】

   

検診項目 自己負担金 検診単価

子宮頸がん検診

(車輛集団検診)

500円/人 (3,780円)

骨粗しょう症検診

(超音波法)

500円/人 (1,620円)

 

 ※わずかな自己負担で検診を受けることができます。この機会にぜひ受けましょう。

 ※各会場で、子宮頸がん検診と同時に骨粗しょう症検診も同時に実施します。

 

 

【対象者】 

 

検診項目 対象者

子宮頸がん検診

(車輛集団検診)

北塩原村に住所を有する20歳以上の女性

骨粗しょう症検診

(超音波法)

北塩原村に住所を有する40歳以上の女性

 

 

【受診方法等】

 

受診を希望される方は、必要な書類(受診録等)をお届けいたしますので、北塩原村保健センターにご連絡ください。

なお、申込みされていない方でも、当日受診することは可能です。その場合は、直接会場へお越しください。

子宮頸がん検診を受ける方は、スカートを着用し、会場へお越しください。

 

 

 

 

 

子宮頸がん検診を受けられる方へ

 

≪子宮頸がんとは≫

●子宮頸がんは、子宮の入り口にできるがんです。他のがんと違って、がんになる原因がほぼ特定できたことにより、予防できる病気になってきています。

●子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染と関係があります。HPVは、性交渉によって誰でも感染する可能性があります。感染しても多くの場合は一過性で自然に消失しますが、一部が前がん病変(がんになる前の状態)をひきおこし、そのごく一部ががんに進行します。

●子宮頸がんは、女性なら誰でもかかる可能性がある病気です。近年では特に20~30代の若い女性の発症率が急増しています。

 

≪子宮頸がんの検診方法≫

1 問診:妊娠・出産歴、現在の症状、既往歴などをお聞きします。

2 細胞診:子宮頸部から細胞をこすり取ります。出血することもありますが、自然に止まります。

 

≪車輛(バス)による子宮がん検診をおすすめできない方≫

次の方は、医療機関での受診をおすすめします。

  ・性交渉の経験がない方

   (検査器具で強い痛み・出血などがあります。心配な方は医療機関(婦人科)にご相談ください。)

  ・過去に子宮がんの手術を受けたことのある方

  ・最近6か月以内に、不正出血、月経異常のある方

  ・現在、妊娠している方

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

住民課
健康づくり班(保健センター内)
電話:0241-28-3733
ファクシミリ:0241-28-3735