高齢者インフルエンザ予防接種(定期予防接種)のお知らせ

2017年11月24日

下記に該当する接種希望者へ接種費用の一部助成を行います。

この予防接種はおもに個人の予防のために行うもので、接種義務はありません。

 

なお、今年度に対象となる方には平成29年11月に予診票等を配布させていただきました。

 

対象者

村に住民票がある次のいずれかに該当する方。(希望される方のみ。)


1.接種当日において満65歳以上の方で、接種を希望する意思表示ができる方。

2.接種当日において満60歳以上満65歳未満の方で、接種を希望する意思表示ができ、かつ心臓、腎臓、呼吸器の重い障がい、またはヒト免疫不全ウイルスによる重い障がいによる身体障害者手帳1級に相当する方。

  (注意:他の障がいで手帳をお持ちの場合は、該当しません。)

実施期間(平成29年度)


平成29年11月~平成30年1月末まで


※1月末までに接種できない場合は事前に保健センターへご連絡ください。 

 

接種回数

1回
注意:2回接種された場合、2回目は全額自己負担となります。

実施医療機関


実施医療機関は下記の医療機関です。

 

 医療機関一覧(平成29年度).pdf(608KBytes)

 

自己負担額

 1,000円

 

医療機関に持参するもの

1.健康保険証

2.身体障害者手帳(※上記「対象者」2.に該当する方のみ。)

3.自己負担金:1,000円(※自己負担金免除に該当する方で、事前申請があれば不要です。下記「自己負担金の免除について」をご覧ください。)

 

自己負担の免除について

下記に該当する方は、自己負担金(1,000円)の費用が免除されます。 


・ 生活保護世帯の方

・ 市民税非課税世帯(世帯全員が非課税)に属する方



【注意事項】

・ 原則として接種後に受付することができませんのでご注意ください。 


【申請方法】

1.接種する前に、住民課、商工観光課の窓口にて申請をします。

 

(申請時に必要なもの)

・ 印鑑(シャチハタ印でないもの。)

・ 身分証明書(運転免許証や健康保険証など)

・ インフルエンザワクチン接種全額公費負担対象者証明交付申請書 兼 委任状

 

 ※申請書は、窓口にあります。

・ (生活保護の方)生活保護受給証明書 などの受給状況がわかる書類

・ (平成29年1月2日以降に村に転入された方) 市町村民税が非課税であることが確認できる証明書類


2.「インフルエンザワクチン接種全額公費負担対象者証明証」の交付を受けます。


3.接種時に医療機関へインフルエンザワクチン接種全額公費負担対象者証明証」を提出します。


注) 世帯員以外の方が申請する場合は、委任状が必要となります。




予防接種は体調のよい日に受けるようにしましょう。

お問い合わせ

住民課
健康づくり班(保健センター)
電話:0241-28-3733
ファクシミリ:0241-28-3735