高齢者肺炎球菌感染症予防接種について

2017年5月19日

平成26年10月1日から高齢者等を対象とした肺炎球菌ワクチンが定期予防接種となりました。

この予防接種はおもに個人の予防のために行うもので、接種義務はありません。

 

今年度対象となる方の接種期間は平成29年4月1日~平成30年3月31日までです。

なお、今年度に対象となる方には平成29年4月に予診票等を配布させていただきました。

 

対象者

(1) 65歳の方 

ただし、平成26年度から平成30年度までは、

各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100となる方が対象です。


平成29年度の対象の方は、下記の生年月日の方です。

 

年齢 対象生年月日
65歳       昭和27年4月2日生 ~ 昭和28年4月1日生     
70歳 昭和22年4月2日生 ~ 昭和23年4月1日生

75歳

昭和17年4月2日生 ~ 昭和18年4月1日生
80歳 昭和12年4月2日生 ~ 昭和13年4月1日生
85歳 昭和7年4月2日生 ~ 昭和8年4月1日生
90歳 昭和2年4月2日生 ~ 昭和3年4月1日生
95歳 大正11年4月2日生 ~ 大正12年4月1日生
100歳 大正6年4月2日生 ~ 大正7年4月1日生

 

 

※対象年齢の方でも過去に肺炎球菌感染症予防接種(23価肺炎球菌ワクチン)を受けたことのある方は定期予防接種の対象となりません。

 

(2) 60歳以上65歳未満の方で心臓、じん臓、呼吸器等重度障害を有する方(身体障害者1級程度)

 

実施期間(平成29年度)


平成29年4月1日~平成30年3月31日まで

 

実施医療機関


実施医療機関は下記の医療機関です。

 

 実施医療機関一覧(平成29年度).pdf(171KBytes)

 

接種費用

対象者に該当する方の接種費用は無料となります。

 

予防接種を受けることができない方

 

 

・過去に肺炎球菌感染症予防接種(23価肺炎球菌ワクチン)を受けたことがある方(自己負担での接種も含む)

・明らかな発熱(37.5℃以上)がある方

・重い急性の病気にかかっている方

・23価肺炎球菌ワクチンに含まれる成分によって強いアレルギー反応を起こしたことのある方

・その他、医師が不適当と判断した方


 

予防接種は体調のよい日に受けるようにしましょう。

お問い合わせ

住民課
健康づくり班(保健センター)
電話:0241-28-3733
ファクシミリ:0241-28-3735